烏丸姓に戻りました。終了宣言されたけど、最後までめいっぱい楽しませてもらうよ!
World Neverland - the Zehn Continent Stories -
(c) 2004 althi Inc. all rights reserved.
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

そして物語は終わ…らないよ!
どうも、ぽつぽつと(勝手に)語り始めた僕の話もこれでほぼラストです。
少なくとも、僕の語り口調はこれが最後です。
こんばんは、奏です。


7)そして伝説に…(ならない)

今回は嫁様がだいぶ年下ということで、仙人までプレイすることにしました。
特に憧れてはいませんでしたが、何となくズルズルプレイしてしまったので、なんとなく最後まで行ってみようと思いまして。

一応ネタバレの類に含まれると思うので、続きは追記にて。
続きを読む >>
ぽつぽついってます
時間の流れというものはときに残酷なものでございます。
こんばんは、奏です。
中二病っぽく格好良く言っても所詮は言い訳でございます。


6)良い子は真似しないでね!

老年中、既に引き継ぎ準備も終えた日のこと。
暇を持て余していた一人の老人はネタを探していました。
この老人、ひたすら真面目に仕事や武術に取り組んできたので(勿論Aがですが)、ほとんど遊んだことがありませんでした。

そんな人生を振り返っていた老人はふと閃きました。
「今までの分まで遊ぼう」と。
財布を握り締め、向かった先は…

いえー!

財宝の館。
全ディーを受付に突っ込みます。
発掘道具をこれでもかという勢いで持ち込み、中へ。
ひび割れた大地の上へ立ち、ラムサラの香りを目指してひたすら掘り続けたその時!(某番組風)

50ディー。
50ディー。
50ディー。
エンドレス50ディー。

その結果。

うわー…

※初めに突っ込んだ額は10000ディー、手持ち200ディーを超えると再び発掘道具に突っ込んだ結果

これはひどい。
ネタにすらならない(してるけど)微妙な数。
郷ひ○みもA-CHI-CHI-A-CHIになれない火炎の量。

発掘ってこんなにも取れないものなのか…とひとりごちて、老人はとぼとぼとバスハル東を去っていったのであった。


この記事で何を言いたかったって、ゴールドフィンガー'99が10年前の曲だということに驚愕したという、ただそれだけのことです。
毎度のことだけど、この世代記は投げっぱなしジャーマンな気がします。
淡々と山場
4)ヌシ

一匹も倒せませんでした。

泣いてないよ!
つ、次行くよ!次!


5)結婚

カウントダウンイベントで占い師さんに「嫁ができる占いとかないですか?」と相談したところ、「無いよ!」と即答されました。
が、あまりにも不憫に思ったのでしょう。
「ウ、ウチの妹(姉?)でよかったら…」と、妹(姉?)さんを紹介してくれたのでした。

確か、占い師さんと奏は親同士がいとこという縁なので…
成年化してすぐに占い師さんを抱っこしに行ったっけ。
成年化した時に妹(姉?)さんも抱っこしたっけな。

ん、ということは…
奏(当時):大人の仲間入り
婚約者(当時):いたずら盛り

AHAHHA。
とんでもないロリコンだ!

あんまり嫁さん自慢したら「僕=ロリコン」になっちゃうのかなぁははは(渇いた笑い)。
うん、でも可愛いんだよ?ははは。
…もういいです、ロリコンでorz
フシコの森
どんどん行くよー!


3)フシコバスター!

2月45日は245(フシコ)バスターの日です。そんな日ねぇよ。
嘘です。2月1日でした。
昼の部、夜の部共に行ってきました。

昼の部。

ひる

どうやら全体的に木が硬かったらしく、結果は伸びず。
でも結果より楽しむことができたからいいんだ。
隊長とも少しお話できたし。
隊長の犬猫愛は凄まじかったです。尊敬の域!


夜の部。

よる

こちらは昼とは違い、歴代最速ではないかという勢いでした。
参加者の皆様、お疲れ様でした。
そして隊長、もの凄くお疲れ様でした。
あなたの背中にはフシコの神が宿っていました。スワベハルトじゃダメなんですよね!

隊長とこそこを交換してもらい、ほくほくした一日なのでした。
過去を振り返る
少し戻って奏です。ややこしいな。こんばんは。
ではダイジェストの続きをば。


2)カウントダウンイベント!

カウントダウンをゼーンで過ごすのは初だったりします。
宝くじを10口購入し、いざくじ引き抽選大会。
3、4、5等が1口ずつ当たりました。
どうしよう、元々不運な星の元で生まれた奏さんがこんなに当たってしまうなんて。
2009年はきっと、道を歩いてたら空からタライが降ってくるんじゃないかとビクビクしています。

その後はフリーマーケット。
商品を購入したら似顔絵を描いてもらえるそうで、思わずうす100個を衝動買い。
わずか5分足らずで奏をすらすらと描いてくださったのでした。
そんな素敵絵師様の絵は…掲載許可をいただいていないので、ひとりコッソリ楽しませていただきます。

ちなみにうす100個は、リアル2ヶ月弱経った今でも、一回も使われることのないまま倉庫に眠っております。
餅かぁ、引継ぎ直後に作った雑煮が山ほど余ってるんだよなぁ…。


うむ、今世もSSが足りない。
いい加減フリーソフト導入するかな。