烏丸姓に戻りました。終了宣言されたけど、最後までめいっぱい楽しませてもらうよ!
World Neverland - the Zehn Continent Stories -
(c) 2004 althi Inc. all rights reserved.
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

大合奏済ますシスターズ1
前々回前回のエントリーとリンクしているのかあんまり関係ないのかが微妙なお話。
単に時系列が同じだけだったり。

突如かかってきた(という表現でいいのかな…)こそこ草。

僕「すみません、お待たせしました」
団長さん「あのね、いきなりなんだけど」
僕「はい」
団長さん「なぎさの定期コンサートを夏にやりたいんだけど」
僕「おお、楽しみにしてます!」
団長さん「でさ、柴くん」

団長さん「演奏者として出てくれないかしら?

僕「ああー」

僕「なーんだそーいう……」
僕「ゴルバチョフッ( ;゚;ж;゚;)゙;`;:゙;;」

(時間差で来ました。まさにこんな感じ↑)

僕「ハハッ、ナニイッテハルンデスカダンチョサーン(フィリピンパブの「シャッチョサーン」風に)」
僕「そんなことできませんよ!」
僕「大体僕程度の腕前で大勢の前で弾くとかありえn」

団長さん「そっか。柴くんの腕を見込んでお願いしたんだけど…」
僕「やります。死んでもやらせていただきます
 
持ち上げられるとめちゃくちゃ弱い僕。
いつの間にか二つ返事で了承しておりました。

最近続きものばっかりですが、
これまた次回へ続く!


※こそこをログ登録してないのでこの辺ウロ覚え(+だいぶ脚色)です。
ご主人様と僕2

ご主人様と僕1の続きです。
まだ未読の方は先に↑へGo!

ちなみにこれ、5月末の話です。
時が経つのは早いね!

続きを読む >>
ご主人様と僕1
実は今世もM婚だったりします。
今までこのブログであまり人のことを書かないのは、許可を取ってないのに名前出していいのかなーというのがあったからです。
自分で思ってる程気にしなくていいのかな。
ちなみに僕は他人のブログに載るとニヤニヤするタイプなのでお気にならさず。
(別の意味で気にするんじゃあ…)


子供の頃、楽譜会に参加していた僕と同世代の女の子を見比べた女の子のおばさんが、
「もう年の頃もちょうどいいから結婚してしまいなさい」
と言ったことがきっかけでした。

僕「今世あんまりインできないんだけど…」
女の子「私も…」
おばさん「ほら、相性いいじゃない!」
女の子「インできない相性…?」
僕「どんな相性だ」

そういう訳で、何故か今世もM婚することになりました。
この日に今世のコンセプト、『ご主人様と犬』という図式が完成したのです。


青年化して間もないある日、友人が葬儀を挙げるとのことで、ちゃっかり出席しました。
葬儀が終わって先にご主人様が帰ろうとしていた時、ではまた〜と見送っていると、

「何言ってるんだ、当然お前も行くんだろうが」
「しっかり犬の勤めを果たしなさい」
「というかさっさと婚約してこい」

と足蹴りで催事場を追い出されました。

僕「(えーとえーとえーと、こんな時どうすれば…)」

今まで女キャラでしかM婚経験が無いので、リードすることに全く慣れておりません。

ご主人様「海の見えるところに行こっか」

そう助け舟を出してくれたので、大人しく甘えることにしました。

見晴らしの良いオーシャンビュー。
バスハル西にこんな場所があるなんて正直知りませんでした。
そんな中、さりげない会話でお互いの好感度を上げていきます。
ちょうど頃合いが良くなってきたというところで…

僕「(さぁ、言うんだあの言葉を!)」

僕「僕とk「こんばんは〜」

すごくタイミングが良いところでこそこ草が飛んできたのでした。


いつの間にか物語形式になってるのに疑問を覚えつつ続く!


---お詫び---

一部の人には「結婚会話中にいきなりこそこが飛んできた」と言ったが、
スマン、あれは嘘だった。
正式には「婚約会話中」だ。

------------
おいおい甥

何となくパソコンの電源を入れた時、メッセに、

「柴のヒゲがもっさり…」

というコメントが見えたので、反射的にゼーンにログインして確認しました。



こらまたえらいもっさり具合で。
今までは老年になってもつるつるで、無理矢理ヒゲキット使って生やしていたので、初めて自然にヒゲが生えて感無量です。
父ももっさりだったから、父方の遺伝子でしょう。

そんな老年突入時。
M弟からメールが来たので実家に帰りました。
今の家も実家もバスハル西なので、あんまり「帰る」という気はしないのですが。

途中、裸の少年に呼び止められました。



柴『おじさん』…?



うわぁ、甥だ…。
代々N婚でほとんど引き継ぎっ子しか作らない僕からしたら、すごく新鮮な表記です。



思わず抱っこ。

祖父(奏)→母(咲)→僕、弟 と全員同じ顔だったりしますが、makoto君も見事に同じ顔だなぁ。
そして僕の娘も同じ顔なんだよね…。
しばらく同じ顔プレイが続きそうだ。

後日、姪にも会えておじいちゃんはほくほくですよ。
親戚が多くて嬉しいな。

演奏会リハーサルとフリマ
 7月3連休明けからバッタバタしてしまって休日くらいしかインできない日々を過ごしておりますこんばんは。
しかも最近は雷が鳴りまくってるのでインできる時間が更に下がっております。

演奏会にお越しくださいましてありがとうございます。
なぎさのブログの感想欄を見てひとりニヤニヤしてしまいます。
まぁ、そのお話は後日にでも。

あと、仕事長武術長共に2期やらせていただいたのですが、2期目はボロボロで本当に申し訳ございませんでした。
自分の管理の甘さを深く反省しております。


話は遡りまして、フリマ1日前。
演奏会のリハーサルがありました。
その後、フリマで演奏する曲を弾くとのことで、フリマをやっている時間帯にインできるかが微妙だった為、一足先に聴かせていただきました。



観客が僕1人という空間に酔いしれる。
何だコレ、贅沢過ぎる。


翌日、何とかフリマには行けたものの、雷が激しかったので演奏が終わると即落ちました。



疲れていたので、落ちた頃にはウトウト状態だったのですが、シャットダウンのボタンを押すと同時にパソコンからけたたましい警報の音が鳴ったのです。
半分寝ぼけていたので、何事かとビックリしましたが、セキュリティソフトがウイルスに反応したとのことでした。
パソコン歴10年くらいですが、自分のパソコンにウイルスが入ったのは初めてですよ…。

演奏会前は本当にバタバタしてテンパっており、多方面に迷惑をお掛けしてしまいました。
どうもすみませんでした。